痩身エステのキャビテーションは痛みや跡が残る可能性があるのかについて

- 痩身エステのキャビテーションは痛みや跡が残る可能性があるのかについて

キャビテーションの機械

痩身エステのキャビテーションは痛みや跡が残る可能性があるのかについて

脂肪細胞に対して直接的に働きかけを行うことが出来る。
それが痩身エステの1つ「キャビテーション」です。負担も少なく安全性も高いと評判の方法でもあるのです。
とはいえ、施術に痛みが伴うのかもしくは、照射跡が残ってしまうのではないかと不安な方もおいでかもしれません。
今回は、このような点を中心に見ていきましょう。

キャビテーションの施術に対する痛みについて考える

サクラの花

痩身エステや脱毛など何かしらの施術となると「それに伴う痛み」を心配される方が非常に多いのです。
ある程度通うものだからこそ、こうした点が気になるという方もまた多いようです。

では、施術に対する痛みというものはあるのでしょうか。
答えから言えば、痛みというものが全くないといっても良いでしょう。

特殊なマシーンを直接照射し非常に細かい振動で脂肪細胞やセルライトに働きかけを行い分解し、自然な排出を促す。
これが大まかな仕組みとなっています。
振動と言っても痛みをあるようなものではありません。
痛みは全くありませんが、照射ということから「あてている部分が温かい」という感覚はあるかと思います。

やけどのリスクについて考えてみよう

先に「温かさ」と記しました。
肌が敏感だなどという方におきましては、それが「熱さ」となりやけどになってしまうのではないかと不安に感じた方もいらっしゃるかもしれません。
ですから、やけどの可能性についても考えておきましょう。

熱を当てているという事ではないために、やけどのリスクというものはないといえるでしょう。
なぜ温かく感じるのかという事は「プローブ」という現象が起こっているからなのです。
肌そのものが温かいのではなく体内が温まっている状態であると考えていただくとわかりやすいかと思います。

皮膚そのものの温度が上がっていることではありませんから、やけどの可能性というものがないといえるのです。

施術後について考えてみよう

照射跡が残ってしまう・施術跡が残ってしまうという可能性につきましてもないかとおもいます。
脂肪吸引のように切開が必要であったり、身体に負荷をかけて毛細血管を傷つけ跡が残ってしまうなどという事はまずないでしょう。
ですので、内出血などという点も含めてないといえるのです。

テストや相談をしてみるのも良い

安全性が高いという事がお分かりいただけたかと思いますが、どうしても不安だという方はカウンセリング時に相談をしたり、テストショットをしてみるのも良いでしょう。

次の記事: