キャビテーションで痩身エステをという場合に施術不可となることはあるのか

- キャビテーションで痩身エステをという場合に施術不可となることはあるのか

キャビテーションの機械

キャビテーションで痩身エステをという場合に施術不可となることはあるのか

多くの方が効率的でストレスなく理想のスタイルを手にすることが出来た。
そんな痩身エステが「キャビテーション」です。
さまざまな方に受けていただくことが出来るという安全性の高い施術方法でもあるのですが、やはり施術不可ということもあるのです。
今回はそんな「不可」という点について考えていくことにしましょう。

禁止マーク

金属類が体内にあるなどという方へ

関節を金属類で繋ぐような施術をしたという方。
心臓が悪くペースメーカーなどを埋めているという方。
これらノースに該当する場合には、施術を受けることは難しくなってしまいます。

キャビテーションは、超音波を使用した施術方法です。
ですので、照射時に金属やペースメーカーに反応し、身体に何かしらの影響が生まれる可能性もあるため、施術不可というガイドラインを設けているのです。

恐らく、整形外科等の電気治療なども受けることが出来なかったという経験をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
痩身エステにおいてもこれと同じことが言えるわけです。

皮膚症状と施術について

次に、先にも触れたように皮膚の上から照射をするということから、皮膚症状との関係性というものも高くなってきます。

アトピーの方でも施術を受けることが出来るというサロンもありますが、その時の「症状」によります。
たとえば、炎症程度がひどい・水ぶくれ状態になっているなどというケースです。
こうした状態で施術をしてしまうと、肌負担がかかってしまい症状が悪化する危険性というものも考えられています。
万が一の事態に備えて施術不可となっているのです。

妊娠期間中もしくは授乳期間中であるという方

こちらは多くの方が認識を持っているかと思いますが、妊娠しているという方。そして授乳期間中であるという方です。

前者のケースは胎児に影響に対する配慮。
後者のケースは母乳から乳児に与える影響について考えた時、施術は不可とするほうが妥当であるというガイドラインになっているのです。

この超音波と先の影響については断定的なことはいえませんが、万が一を考えてのことともいえるでしょう。

そのほか疾病を持っているという方

継続的に疾病に対する治療を行って位という方。
肝機能や骨に異常があると診断をされた経験があるという方。
処方薬を継続的に服用しているという方。

こうしたケースに該当する場合、施術が不可となることもあるでしょう。
事前に、かかりつけの病院にて相談をしたうえで、そしてその結果をカウンセリング時に伝えていただいたうえで可不可を判断していただくのが良いでしょう。

関連記事: